Top > ストーリー

ストーリー
HTML ConvertTime 0.015 sec.

このページではかつてヌルが副官であった頃のストーリーとセリフを記録する。
ヌル_icon.jpg

日本 Edit

開かれた戦端 「我が国の領空に侵入者の報あり。至急現場空域に急行せよ。」 Edit

  ・ファーストミッション
   ヌル「司令官、出撃の準備はよろしいですか?
      侵入者の正体は判明していませんが……
      大丈夫、彼女たちを信じてあげてください。」
       敵戦闘機2機
  ・未知なる侵入者
   ヌル「初戦の勝利、おめでとうございます。
      敵は……やはり「漆黒の闇」ですね。
      後続部隊を補足しています、迎撃の準備を!」
       敵戦闘機3機
  ・戦乱の予兆
   ヌル「敵の進軍速度が速すぎる……
      司令官、洋上にも敵艦影を捉えたとの報告です。
      出撃の準備はよろしいですか?」
       敵戦闘機3機

漆黒の闇 「敵性部隊は漆黒の闇と判明。対地上戦力を準備されたし。」 Edit

  ・地を往く者たち
   ヌル「接近中の部隊は陸上兵器が主体のようです。
      対地上戦には爆撃機が有効ですよ?
      地形を考慮し、最適な編成をお願いします。」
       敵戦闘機2機
 敵戦車1両
  ・引鉄の先は
   ヌル「司令官、ご存じと思いますが、
      空乙女はただの兵器ではありません。
      「心」があります。
      彼女たちのケアも任務のうちですからね?」
       敵戦車4両
  ・爆撃、爆撃、また爆撃
   ヌル「敵軍、一斉に侵攻開始との報せです!
      ですが斥候部隊により、敵は陸上戦力のみと
      判明しています。これは敵殲滅の好機かと。」
       敵戦闘機2機
       敵戦車2両

洋上航空戦 「敵海上戦力が近海に集結。総力をあげて殲滅せよ。」 Edit

  ・水際の戦い
   ヌル「ここまでは順調のようですね。司令官。
      しかし油断は禁物です。洋上での戦いに
      適した編成、攻撃機での出撃を進言します。」
       敵艦3隻
  ・防人の誓い
   ヌル「敵部隊に航空戦力の存在を確認!
      制空権を奪われれば戦況は一気に不利となります。
      決して負けるわけにはいきません。」
       敵戦闘機2機
       敵艦2隻
  ・明日への勇気
   ヌル「敵部隊、急接近!駆逐艦2、戦闘機3!
      司令官、ここが正念場です。我が国を、
      そして、そこに生きる人々を守るため、戦ってください。」
       敵戦闘機3機
       敵艦2隻

続きは追って更新します。


テスト的に表示しています。